まずはお気軽にご相談下さい。無料相談受付中!

吉田代表、ごあいさつ。

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

メールでのご相談はこちら!

行政書士オアシス相続センター 078-251-1414 営業時間9:00-18:00

阪神・JR・阪急・地下鉄、各線三宮から徒歩5分~7分。

GoogleMapへ

不動産(土地・建物)の名義変更について

不動産ごとの所在、地番やその不動産の所有者やその他権利関係等の情報が登記簿に記載されています。
この登記簿によりその不動産が誰のものであるか、また不動産に対してどのような権利を持っている人がいるのかを
把握することができます。
不動産を所有されていた方の相続が発生し、その名義を所有者であった被相続人(亡くなった方)から相続した人へ
名義を変更することを相続登記と云います。
相続登記はいつまでにしなければならないというものではありません。
しかし、登記をそのままにしておくことで不都合やトラブルが生じる可能性は少なからずあります。

  • ※不動産を売却、交換、贈与相続する場合には所有権移転登記をしなければ
    いけません。
  • ※相続の場合、登記を先送りすると、場合によって共同相続人の数が数十名に
    増え、いざ登記手続をする場合、多くの方々の承認と印鑑が必要となり、
    予想外に時間と労力が必要になることもあります。

不動産を相続したときは、そのまま放置せずなるべく早く相続登記をしておくことでトラブルを
避けることができます。

  • 不動産(土地・建物)、名義変更の流れ
  • 相続人調査、財産調査の流れ
  • 相続方法の決定と相続放棄の流れ
  • 相続税の申告の流れ
オアシスブログ 相続のお役立ち情報を配信中!
無料相談実施中!相続の悩みや疑問など、お気軽にご相談ください。
24時間受付!メールでのご相談はコチラ
  • 相談の流れ
  • 料金一覧
  • お客様の声
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 事務所案内
  • アクセス
  • トップページへ