まずはお気軽にご相談下さい。無料相談受付中!

吉田代表、ごあいさつ。

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

メールでのご相談はこちら!

行政書士オアシス相続センター 078-251-1414 営業時間9:00-18:00

阪神・JR・阪急・地下鉄、各線三宮から徒歩5分~7分。

GoogleMapへ

セミナー勉強会を開催しました2018.10.16

先日、某会社の職員様向けにセミナー勉強会を開催しました。 今回こちらでの勉強会は初めてという事で、民法における相続の基礎知識を中心にお話させて頂きました。 より良い相続を実現する為にはどうすれば良いか、間違えやすい内容や当所でもご質問の多い内容等を事例を踏まえて説明し、後半は職員の方からも、普段疑問に思っていたことや実際にお客様にご相談された事等の質問を受け付けました。 オアシス相続センターでは、税理士・行政書士による講師講演依頼を受け付けています。業種によって必要な知識は様々です。ご要望に応じ…


[続きを読む]

婚姻している未成年者の「未成年者控除」2018.10.10

相続税法上、20歳未満である未成年者が相続人となった場合、未成年者控除という規定が設けられています。未成年者が成人するまでにかかる養育費や教育費の負担に配慮して、年齢に応じてその未成年者の相続税額から一定の額を差し引くことができます。 ここで言う未成年者とは、20歳未満である者を指しますが、民法では20歳未満の未成年者でも婚姻することで成年者とみなされます。 では、相続税を計算する上で婚姻した20歳未満の人が相続人の場合には、未成年者控除はどうなるのでしょうか。 民法上は、満20歳で成年者と定め…


[続きを読む]

相続人が海外に住んでいる場合の相続手続き2018.10.5

皆さんの周りにも、海外赴任や海外での移住生活を送っている方がいらっしゃると思います。 以前、このブログで外国籍の相続人がいる場合の手続きについてご説明しましたが、今回は日本国籍の相続人が海外へ移住し、日本に住民登録されていない場合の相続手続きについてご説明します。 1.「居住者」と「非居住者」の区分 「居住者」とは国内に住所を有し、又は、現在まで引き続き一年以上居所を有する方をいいます。住所とは生活の本拠をいい、住まいや職業などから客観的事実によって判断されます。 「非居住者」とは「居住者」でな…


[続きを読む]

基準地価 27年ぶりに上昇2018.9.26

9月18日に国土交通省から2018年分の基準地価が発表されました。 前年比で27年ぶりに上昇に転じたということです。 やはり訪日外国人観光客の増加による影響が大きいようです。 最近では、以前ほど耳にしなくなったような気がしますが、少し前に「爆買い」という言葉をよく聞きました。商業地など外国人観光客が多く訪れる場所で、ホテルや店舗などの需要が高まり地価に影響を与えています。 最近では、北海道や沖縄などのリゾート地へも多くの外国人観光客が訪れることから、地方圏においても上昇率の上げ幅が大きい地域が増…


[続きを読む]

相次相続控除とは2018.9.19

相続税法上、短期間に相次いで相続が発生した場合の税負担を軽減するために「相次相続控除(そうじそうぞくこうじょ)」という制度が設けられています。 まず相次相続とは、その言葉通り相次いで相続が開始することを言います。 相次相続控除は、相続により財産を取得した人が相続税を払い、その後10年以内にその人が死亡した場合の税負担を軽減する措置です。 この場合1度目の相続を「第1次相続」、2度目の相続を「第2次相続」と呼びます。 例えば、祖父が亡くなり、父がその遺産を引き継いだ後、すぐに父も亡くなった場合、子…


[続きを読む]

社員旅行でシンガポールへ行ってきました。2018.9.12

先週の月曜日に関西国際空港を飛び立ち2泊4日のシンガポール旅行へ行ってきました。 弾丸ツアーで、色々と考える暇はありませんでしたが、楽しい旅行でした。 とはいえ、大型の台風が接近している中での出発だったので、ホテルについて情報を得たときには心がかなりざわつきました。 また、当初の予定では関西国際空港着の便で帰ってくるはずでしたが、結局は予定を変更してバンコク経由で羽田へ降り立ち、新幹線で神戸へと帰ってきました。 旅行中は、皆様にご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。 リフレッシュして帰…


[続きを読む]

ふるさと納税2018.9.5

ここ数年の間に随分定着してきた制度です。 平成27年に「ワンストップ特例制度」が設けられて、わたしたち納税者からすれば、要件の範囲内であれば、ワンストップ特例制度導入前は必要であった所得税の確定申告の手間が省かれることとなりました。 あらためて「ふるさと納税」について触れておきます。 よく「税金が返ってくる」と言われますが、正確には、例えば平成30年中にしたふるさと納税は平成31年分の住民税の前払いです。 例えば兵庫県西宮市在住の僕が、平成30年中に東北のとある自治体に対して行ったふるさと納税分…


[続きを読む]

固定資産税の課税明細書2018.8.29

自分や家族が不動産を所有していて、相続税がかかるのかどうか気になるのだけど、そもそも不動産の価値はいくらくらいなんだろう?という方、まずは毎年4月〜5月頃に不動産の所在する自治体から送られてくる「固定資産税・都市計画税の課税明細書」がお手元にありましたら見てみてください。 見本は神戸市の課税明細書のものです。 この課税明細書から得られる情報は多いため、我々もお客様からご相談を受ける際には大変有益な情報源として重宝しています。 いきなり、見本にはない項目で恐縮ですが、納税通知書の宛名が「○○様 外…


[続きを読む]

贈与税が掛からない財産とは!?2018.8.27

贈与により財産を取得した人は、その年の1月1日から12月31日までの1年間に取得した財産額が贈与税の基礎控除額110万円を超えると原則、贈与税が課されます。 しかし、贈与税が課税されない非課税財産と呼ばれるものがあります。 これは、贈与された財産の性質や贈与の目的から課税するのに適当でないものや、社会通念上、課税しないほうが良いと考えられるものです。 具体的には以下の様なものがあります。 贈与税の非課税財産 1.法人からの贈与 法人には、株式会社などのほか国・地方公共団体、人格のない社団等が含ま…


[続きを読む]

贈与税って一体どんなもの!?2018.8.18

現金や土地等の財産を貰った場合、一定の金額を超えると贈与税がかかります。 相続対策として生前贈与を考えている方もいると思いますが、制度をちゃんと理解している方は案外少ないものです。贈与税の課税方式には暦年課税と相続時精算課税の2通りありますが、今回は一般的な暦年課税の基本的な制度についてお話ししていきます。 贈与とは、無償で誰かに財産を譲ることをいいます。 財産というのは、現金・預金はもちろん土地や家屋、株式、貸付金、ゴルフ会員権などがあります。 一部の非課税財産を除き、お金で見積もる事が出来る…


[続きを読む]

オアシスブログ 相続のお役立ち情報を配信中!
無料相談実施中!相続の悩みや疑問など、お気軽にご相談ください。
24時間受付!メールでのご相談はコチラ
  • 相談の流れ
  • 料金一覧
  • お客様の声
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 事務所案内
  • アクセス
  • トップページへ