まずはお気軽にご相談下さい。無料相談受付中!

吉田代表、ごあいさつ。

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

メールでのご相談はこちら!

行政書士オアシス相続センター 078-251-1414 営業時間9:00-18:00

阪神・JR・阪急・地下鉄、各線三宮から徒歩5分~7分。

GoogleMapへ

贈与

贈与税の配偶者控除2018.12.19

夫婦間で居住用不動産、又は居住用不動産の購入・その建築資金を贈与したときは、2,000万円までは贈与税がかからないという贈与税の配偶者控除という制度があります。 配偶者は相続においても贈与においても税金面で、他の相続人に比べると優遇措置が設けられています。 贈与税の配偶者控除もそのうちの一つで、夫婦間の財産形成は夫婦の協力によって得られるものであることや、夫婦間の贈与は配偶者の老後の生活保障を目的とするものであるという考え方のもと、夫婦間の贈与について負担を軽減する意味で優遇措置が設けられていま…


[続きを読む]

贈与税が掛からない財産とは!?2018.8.27

贈与により財産を取得した人は、その年の1月1日から12月31日までの1年間に取得した財産額が贈与税の基礎控除額110万円を超えると原則、贈与税が課されます。 しかし、贈与税が課税されない非課税財産と呼ばれるものがあります。 これは、贈与された財産の性質や贈与の目的から課税するのに適当でないものや、社会通念上、課税しないほうが良いと考えられるものです。 具体的には以下の様なものがあります。 贈与税の非課税財産 1.法人からの贈与 法人には、株式会社などのほか国・地方公共団体、人格のない社団等が含ま…


[続きを読む]

贈与税って一体どんなもの!?2018.8.18

現金や土地等の財産を貰った場合、一定の金額を超えると贈与税がかかります。 相続対策として生前贈与を考えている方もいると思いますが、制度をちゃんと理解している方は案外少ないものです。贈与税の課税方式には暦年課税と相続時精算課税の2通りありますが、今回は一般的な暦年課税の基本的な制度についてお話ししていきます。 贈与とは、無償で誰かに財産を譲ることをいいます。 財産というのは、現金・預金はもちろん土地や家屋、株式、貸付金、ゴルフ会員権などがあります。 一部の非課税財産を除き、お金で見積もる事が出来る…


[続きを読む]

教育資金一括贈与の特例は期間限定です2018.7.4

教育資金などの生活資金はもともと、必要な額をその都度、子や孫に渡す分には贈与税がかかりません。 それ以外の資金についても、1人につき年間110万円という基礎控除の枠内であれば贈与税がかかりません。 ただし、教育資金の贈与でも将来の分をまとめて渡した場合は非課税とはならず、贈与税が課税されます。 これらとは別に、2013年4月1日から「教育資金の一括贈与の贈与税の非課税制度」が導入されました。 教育資金について、受贈者1人あたり1,500万円を上限として非課税とする制度です。 今のところ時限的措置…


[続きを読む]

贈与による財産の取得の時期はいつになるのか?2018.3.22

贈与により財産を取得した場合、その贈与による財産の取得時期は、いつになるのでしょうか。 贈与税が発生する場合は、贈与により財産を取得した日の翌年に確定申告書を提出しなければなりません。 また、相続が発生した際、相続開始前3年以内にされた贈与(相続時精算課税が適用される場合を除きます)については生前贈与加算の規定により相続税の計算の対象になります。 いつ財産を取得したかというのは、税務申告をする上でとても重要です。 国税庁のホームページのタックスアンサーによると、贈与を受ける財産の取得の時期につい…


[続きを読む]

親からマイホーム購入資金の援助を受けたとき2017.10.2

マイホームを購入する際に親から援助を受ける場合があります。 マイホームの購入は一生に一度の買い物とよく言われるように、高価な買い物ですので、場合によっては援助を受ける金額も多額となることがあるでしょう。 例えば、親から1,000万円の援助を受けて、残りはローンを組んでマイホームを購入するとしましょう。特に何も考えずに、購入した家屋の名義人を子の単独名義にしてしまうと後で、贈与税の指摘を受けてしまうかもしれません。親から受けた1,000万円が贈与にあたり、親から直系卑属への贈与であれば、177万円…


[続きを読む]

生前贈与の活用と注意点2017.6.5

平成27年に施行された相続税の基礎控除額の縮減に伴い、相続税の課税対象となる人が増加しました。同時に相続税に対する関心も高まっており、将来、自身や家族に相続が発生した場合に相続税がかかるのかどうか?かかるとすればどれぐらいなのか?というご相談も増加しています。 今回は相続税の節税対策の一つとして、「生前贈与」と、その際の注意点についてご紹介します。 贈与税は1月1日から12月31日までの1年の間に、贈与により受けた財産の価額が110万円を超える場合、財産の贈与を受けた人が申告・納税を行います。(…


[続きを読む]

オアシスブログ 相続のお役立ち情報を配信中!
無料相談実施中!相続の悩みや疑問など、お気軽にご相談ください。
24時間受付!メールでのご相談はコチラ
  • 相談の流れ
  • 料金一覧
  • お客様の声
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 事務所案内
  • アクセス
  • トップページへ