吉田代表、ごあいさつ。

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

メールでのご相談はこちら!

行政書士オアシス相続センター 無料相談申込受付電話078-251-1414 気軽にちょこっと質問専用ダイヤル078-251-1414 営業時間9:00-18:00

阪神・JR・阪急・地下鉄、各線三宮から徒歩5分~7分。

GoogleMapへ

新型コロナ対策の給付金は課税対象?2020.7.13

新型コロナ対策の給付金は課税対象?

新型コロナウイルス拡大による経済対策として様々な給付金や助成金が交付されています。これらの給付金には課税対象になるものがあるということをご存じでしょうか?

今回は主な給付金の課税関係と概要を簡単にみていきたいと思います。

【非課税となるもの】

■特別定額給付金(新型コロナ税特法4条1号)
国民に広く関連するのが、2020年4月27日時点で住民基本台帳に記録されている人に対し、1人当たり10万円が給付される特別定額給付金です。
当初から様々な議論がありましたが、国民に確実に給付することを優先し非課税扱いとなりました。

■子育て世帯への臨時特別給付金(新型コロナ税特法4条2号)
児童手当を受給する世帯を対象とし、児童1人につき1万円が児童手当に上乗せし支給されます。

■学生支援緊急給付金(所得税法9条1項15号)
世帯収入、アルバイト収入の激減・中止等により、修学が難しい学生(対象になるかどうかは大学などの在学先が判断)を対象とした給付金です。

■新型コロナウイルス感染症対応従事者への慰労金(所得税法9条1項17号)
医療機関や介護施設、介護・生涯福祉などの従事者への支給される慰労金です。

■新型コロナウイルス感染症対応休業支援金、給付金(雇用保険臨時特例法7条)
4月~9月までに新型コロナウイルスの影響で休業したが休業手当が受け取れなかった中小企業の従業員を対象に支給されます。


【課税されるもの】

■持続化給付金
2020年1~12月の各月において、前年同月比の売上が50%以上減少した事業者に交付されます。
支給額は、中小企業が最大200万円、個人事業主は最大100万円となっており、多くの事業者で活用されている給付金です。

■雇用調整助成金
経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、休業・出向・教育訓練を実施した際に、その費用を一部助成する制度です。
今回のコロナ対策として対象者や支給額が大幅に拡充されました。

■家賃支援給付金
5~12月の売上が前年同月比で1か月50%以上、または連続3か月で30%以上減少し、家賃や地代の負担軽減が必要な中小企業や個人事業主などを対象とする給付金です。

■自治体別の休業協力金
休業要請に応じる等、各地方自治体が定めた条件を満たす事業者に支給されますが、協力金の有無や条件等は自治体によって異なります。

これらの給付金、助成金は法人税(企業)や所得税(個人事業主)の課税対象です。


今後の経済状況によっては、新たな支援制度の創設や、非課税枠の拡大といった対策が講じられる可能性もあります。
給付金を受け取った場合は確定申告時に困らないようチェックしておきましょう。

当事務所では、神戸・西宮・芦屋など京阪神を中心に確定申告はもちろん、相続税等幅広いご相談に応じています。
お困りごとがございましたらいつでもお気軽にお問い合わせください。

オアシスブログ 相続のお役立ち情報を配信中!
無料相談申込受付電話0120-381-388 気軽にちょこっと質問専用ダイヤル078-251-1414 営業時間9:00~18:00
24時間受付!メールでのご相談はコチラ
  • 相談の流れ
  • 料金一覧
  • お客様の声
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 事務所案内
  • アクセス
  • トップページへ