吉田代表、ごあいさつ。

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

メールでのご相談はこちら!

行政書士オアシス相続センター 無料相談申込受付電話078-251-1414 気軽にちょこっと質問専用ダイヤル078-251-1414 営業時間9:00-18:00

阪神・JR・阪急・地下鉄、各線三宮から徒歩5分~7分。

GoogleMapへ

みなし相続財産~生命保険金編~ 2022.9.26

1.みなし相続財産とは 生命保険のうち、死亡保険については民法上、受取人に帰属する財産に分類され、被相続人に帰属する財産ではないと取り扱われています。 しかしながら相続税法上は、その財産を相続財産の対象外にすることに弊害が出ることが予想されるため、相続税法上、一定の非課税枠を超える部分については、課税財産に算入することを定めています。 このような財産のことを相続税法上、みなし相続財産と言います。死亡保険金以外では被相続人が受け取るべきとして相続人に支払われる死亡退職金がこの財産に該当します。 2…


[続きを読む]

納税管理人とは 2022.9.20

海外居住者、海外へ長期転勤になるなどにより国内に住所を有していない又は有しないこととなる人は非居住者です。 非居住者で日本国内での所得(不動産、配当等)がある人、相続税、贈与税、住民税、固定資産税の納税の必要がある人は出国される前に納税管理人を選任する必要があります。 非居住者でも日本国での所得がなければ納税管理人は必要ありません。 納税管理人とは 納税義務者に代わり、納税に関する一切の手続き(確定申告書の提出、納税通知書の受領、納税、還付通知の受領、還付金の受領、税務署などから送付される書類を…


[続きを読む]

個人事業税について 2022.9.5

コロナによる協力金等で収入が上がったことにより、今年初めて個人事業税の徴収が来た!何の税金!?という方も多かったと思います。 個人事業税とは以下の人が当てはまります。 ・その都道府県に事務所や事業所がある ・所得(事業所得+不動産所得)が290万円以上 ・法律で定める70の職種である 個人事業税の支払い義務があるのは事業所得と不動産所得を合わせた所得が290万円以上の人です。 これは、個人事業税を計算する際、収入から290万円の事業主控除を差し引くため。 売上から必要経費を差し引いた額が290万…


[続きを読む]

講師に支払ったお車代も源泉徴収が必要!? 2022.8.22

居住者に対して、所得税法204条に掲げる報酬・料金等の支払をする者は、原則として、その支払の際、所得税および復興特別所得税を源泉徴収しなければなりません。 所得税の源泉徴収が必要とされている報酬・料金等については、これらの名称で支払われるものだけではなく、たとえ謝礼、賞金、研究費、取材費、材料費、車賃、記念品代、酒こう料などの名称を使って支払われるものであっても、その実態が報酬・料金等としての性質を有するものについては、報酬・料金等に含めて所得税の源泉徴収が必要です。 講師に講演の謝礼を支払う際…


[続きを読む]

事業復活支援金の支給に伴う各自治体の支援金 2022.8.17

事業復活支援金の申請が2022年6月をもって終了し、2022年7月31日時点では、国からの支援金等(ここでいう「支援金等」とは、売上の減少等を要件として事業継続のために支給されるものを指しています)は予定されていません。 なお、事業再構築支援金のように、新たな事業展開のための設備投資等を要件として支出を補助する目的で支給されるものは、今後も順次発表されるかもしれません。 しかし、事業復活支援金の支給を要件として、地方自治体から支援金を受けることができる場合があります。 7月31日時点で「事業復活…


[続きを読む]

ふるさと納税のワンストップ特例を申請していたが、翌年確定申告書を提出することになった場合の注意点 2022.8.8

ふるさと納税制度とは、都道府県・市区町村に対してふるさと納税(寄附)をすると、寄附額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から控除されるものです。 ふるさと納税で控除を受けるには、原則としてふるさと納税を行った翌年に確定申告書を提出することになりますが、一定要件を満たす場合には確定申告をせずに住民税から控除が受けられるふるさと納税ワンストップ特例制度があり、確定申告をしないサラリーマンにも利用しやすい制度となっております。 1.ワンストップ特例制度の…


[続きを読む]

配偶者居住権とは何ですか? 2022.8.1

配偶者居住権とは、令和2年4月1日以降に発生した相続から認められるようになった制度で、夫婦の一方が亡くなった場合、残された配偶者が亡くなった人が所有していた建物に亡くなるまで、もしくは一定の期間、無償で居住することができる権利のことです。 建物の価値を「所有権」と「居住権」に分けて考え、残された配偶者は建物(居住用家屋)の所有権を持っていなくても一定の要件があり、居住権を取得することで、亡くなった人が所有していた建物に引き続き住み続けられるようにするものです。 ~配偶者居住権が成立するための要件…


[続きを読む]

令和4年分路線価について 2022.7.25

令和4年分の相続税・贈与税の土地等の評価額の算定基準となる「令和4年分路線価」が7月1日に公表されました。 路線価とは、その年の1月1日時点での価格として発表される公示地価を基準に、その80%の水準を目安として路線に付される価格です。 路線価の調査地点は約32万か所あり、国土交通省が公表する公示地価の調査対象地点(約2万6千ポイント)よりはるかに多いです。 路線価は、公示地価と異なり直接税額に影響を与えることになるため、より慎重に安全性を考慮して、実勢価格よりも低めに設定されています。 その路線…


[続きを読む]

青色事業専従者の退職金 2022.7.19

所得税では生計を一にする家族への給料は原則として必要経費になりませんが青色事業専従者に対する給料については、税務署に届け出ることを条件に 必要経費として認められています。 ただし、経費になるのはあくまで「給与」か「賞与」だけで、「退職金」は経費として認められません。 青色事業専従者へ退職金を直接支払うことはできないものの、退職金を実質的に経費とすることが可能な2つの方法があります。 ①中小企業退職金共済に加入する 中退共は従業員のための退職金制度ですが、専従者についても従業員の立場で加入させるこ…


[続きを読む]

葬儀後の手続 2022.7.11

御家族が亡くなられた場合、葬儀後に発生するのが数々の手続きです。 多くの人が何度も経験する出来事ではないため、「どういった手続きがあるのかわからない」「何から進めていいか分からない」「手続を行う時間がない」というお声や「相続人関との連絡が不安」という方もいらっしゃいます。 一般的な手続を段階的にまとめてみましたので参考にして下さい。 葬儀に関係する手続が終わるのに約1週間かかります。 その後の手続として、 役所で故人の諸手続き 1.亡くなった人の本籍地の役所で行う手続き 2.亡くなった人の住所地…


[続きを読む]

オアシスブログ 相続のお役立ち情報を配信中!
無料相談申込受付電話0120-381-388 気軽にちょこっと質問専用ダイヤル078-251-1414 営業時間9:00~18:00
24時間受付!メールでのご相談はコチラ
  • 相談の流れ
  • 料金一覧
  • お客様の声
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 事務所案内
  • アクセス
  • トップページへ