吉田代表、ごあいさつ。

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

こんな時どうする?よくあるQ&Aランキング

メールでのご相談はこちら!

行政書士オアシス相続センター 無料相談申込受付電話078-251-1414 気軽にちょこっと質問専用ダイヤル078-251-1414 営業時間9:00-18:00

阪神・JR・阪急・地下鉄、各線三宮から徒歩5分~7分。

GoogleMapへ

生命保険契約の受取人が被保険者である契約者よりも先に死亡している場合2021.12.6

契約者が被保険者である生命保険契約において、契約者が死亡した時点で受取人が先に亡くなっている場合には、通常は、被保険者の法定相続人ではなく受取人の法定相続人が保険金を受取ることとなります。 したがって、契約者からすると本来の意図ではない所へと保険金が支払われることになりかねません。 そのため、被保険者より先に受取人が死亡した場合にはできるだけ早めに受取人の変更手続きを行うのがおすすめです。 ただ、この取り扱いは契約している保険会社の約款(ルール)が優先されますので、保険会社によっては上記と異なる…


[続きを読む]

相続税の障害者控除2021.12.1

障害がある方が納税者となる場合、税目ごとに様々な特例があります。 相続税の場合、財産を取得する方が障害者であれば85歳に達するまでの年数1年につき10万円(特別障害者の場合は20万円)が控除されます。 対象となる範囲 1.相続時に日本国内に住所があること 2.一般障害者もしくは特別障害者であること、税法では障害者控除となる要件を下記の2種類で定めています。 【一般障害者】 ・重度の知的障害者とされた者以外の者 ・身体障害者手帳の障害等級が3~6級 ・精神障害者保健福祉手帳の障害等級が2級又は3級…


[続きを読む]

低未利用地の売却に関する特例2021.11.24

近年、所有者不明土地や空家等が全国的に増加しており、公共事業の推進や生活環境面において様々な課題が生じています。 今後も、相続機会が増加する中で、所有者不明土地等の更なる増加が見込まれ、所有者情報の円滑な把握、所有者不明土地等の発生の予防、円滑な利活用や適正管理の観点から、政府全体として各取組を推進しています。 今回はその中から、昨年度の税制改革で創設された「低未利用土地等の譲渡に係る所得税及び個人住民税の特例措置」についてご紹介します。 この制度は取引額の合計が500万円以下等の一定の要件を満…


[続きを読む]

マイナンバーカードを健康保険証として利用開始2021.11.17

2016年1月よりマイナンバー制度が始まり、2021年10月1日時点におけるマイナンバーカードの交付率は38.4%となりました。 これまでに、申請数が大きく増えた時期が2回ありました。 1回目は2020年の5月に始まった1人当たり10万円の給付金(特別定額給付金)申請において、マイナンバーカードを利用すれば、申込用紙が郵送されるのを待つよりも早く給付金の申請ができるということで、2020年5月の申請数が前月以前と比べて大きく増えています。 2回目は2020年9月から始まったマイナポイント制度で、…


[続きを読む]

年の中途に推定相続人になった場合の相続時精算課税の適用2021.11.10

贈与者又は贈与者の子との養子縁組などにより、年の中途に贈与者の推定相続人又は孫になることがあります。 相続時精算課税は、60歳以上の贈与者から、20歳以上の推定相続人である子又は孫が受けた贈与について適用することができます。 この時の年齢は贈与の年の1月1日現在のものになります。 したがって、年の途中に養子縁組などにより贈与者の推定相続人なった場合や孫となった場合には、推定相続人又は孫となる前に贈与を受けた財産については、相続時精算課税の適用を受けることはできません。 相続時精算課税贈与について…


[続きを読む]

相続税の延納・物納とは2021.11.2

相続税は、納期限までに金銭で一時に納付することが原則です。 しかし、相続税は高額になる場合があるため、金銭一時納付が困難な場合には延納、延納によっても金銭納付が困難な場合には物納という形で、特殊な納税方法が認められています。 ~納税方法~ 1金銭一時納付 金銭で納付すること。(原則) 2延納 金銭での納付が困難な場合に、担保提供等所定の条件を満たせば、年賦による分割納付が認められます。 相続税の納税は金銭一時納付が原則であるため、相続した現預金及び相続人固有の現預金からその相続人の職業及び生活の…


[続きを読む]

遺言書を作成できない人2021.10.27

遺言書はのちのちの相続人同士のトラブルを避けるためにも、非常に有効な生前対策です。 また自分の好きなように財産を分けることができるのも大きなメリットです。 しかし残念ながら遺言を作成できない方がいます。 まず大前提として 意思能力のない人は作成できません。 代理人は作成できません。 遺言作成は本人しかできません。 15歳未満の人は作成できません。 言い換えれば15歳に達した者は遺言をすることができます(民法961条) 義務教育が終了する年齢15歳から遺言を作成することができるわけですがしかしなが…


[続きを読む]

そろそろ確定申告に向けて医療費領収書の御準備を2021.10.19

10月に入り今年もあと約3カ月となりました。 確定申告に向けて少しずつ整理をしておかなくてはいけない一つが医療機関に支払った領収書(医療費控除)です。 医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額(の所得控除を受けることができます。 要件としては、 (1)納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支…


[続きを読む]

消費税インボイス制度の登録申請受付開始!2021.10.14

国税庁は、令和5年10月1日よりインボイス制度が導入されることから「適格請求書発行事業者(登録事業者)」になるための登録申請手続きを開始しました。 インボイス制度(適格請求書等保存方式)とは? 複数税率に対応し、新たに仕入税額控除の要件として導入されるものです。具体的には下記の要件を満たした請求書・納品書を交付・保存することが求められます。 ①発行者の氏名又は名称及びインボイス制度の登録番号 ②取引年月日 ③取引内容(軽減税率の対象品目の場合はそれが分かる内容) ④税率ごとに区分して合計した対価…


[続きを読む]

営業権2021.10.5

「営業権」とは、一般的には「暖簾(のれん)」、「老舗(しにせ)」などといわれる企業財産の一種です。 難しい言い回しをすると、「企業が持つ好評、愛顧、信認、顧客関係その他の諸要因によって期待される将来の超過収益力を資本化した価値」ということのようです。 現実的には、営業権とは無形の財産権で売買譲渡の対象となり得るもので、個人が暖簾を売却し譲渡益が算出された場合、総合譲渡所得として課税されることになります。 相続税上でも営業権は財産とされており、財産評価・申告の対象財産となります。 また、会計学上で…


[続きを読む]

オアシスブログ 相続のお役立ち情報を配信中!
無料相談申込受付電話0120-381-388 気軽にちょこっと質問専用ダイヤル078-251-1414 営業時間9:00~18:00
24時間受付!メールでのご相談はコチラ
  • 相談の流れ
  • 料金一覧
  • お客様の声
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 事務所案内
  • アクセス
  • トップページへ